×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

―お仕事情報:NL小説―
画像クリックで、amazonの商品ページへ

■BL小説 一覧はコチラ■


もっと見る→ ・1
【伯爵令嬢と不埒な愛人】電子書籍のみ
傷ついた心を抱えながらも、彼から受ける官能の手ほどきに身体は甘く疼き……。
高級娼婦を目指すことになった名門貴族令嬢と、彼女の教師役を買って出た美貌の大富豪。真実の愛を探すヒロインの成長を描いたヒストリカルロマンス!

アンジェラ文庫

【海の王子の淫らな求愛
閨の初めは下僕の触手】
電子書籍のみ

「俺の呪いを解くために、おまえの蜜を俺に与え、俺のすべてを受け止めろ」
骨董市で青年像に強く惹かれて購入した荻原沙穂は、その日の夜、無数の半透明な、粘り気のある“なにか”に襲われていた。縦横無尽に花弁の中を動き回り、花芽に巻きつきこすり、沙穂を快楽の頂点へと昇り詰めさせる。その“なにか”は……白磁の青年像の台座から伸びた触手!?
沙穂が感じれば感じるほどに、陶器の白磁を人の肌の色へと変化させていき、そして青年像そのままに美しくたくましい男性が沙穂の目の前に現われた――!?
海王神の息子ボニントンと名乗り、呪いをかけられ陶器にされていたと語ると、強引な求愛と傲慢なエッチで沙穂を翻弄する。
呪いを解くために沙穂の愛の証を欲しがるボニントンに、体も心も囚われていくが――。

☆eロマンス文庫→ 出版社のページ

【心をまぁるく焼き上げて
甘くとろける無骨な溺愛】
電子書籍のみ

「そんな不安そうな顔、せんといてや。もうやめられんて言うたやろ」
結婚を考えていた年下彼氏に浮気され、やけ酒を飲んでいた水沢香苗。傷ついた心にうかんだのは、まぁるいまぁるいたこ焼き。精悍な顔立ちにたくましい肉体を持ち、少年みたいな笑顔で接客をしている店主のたこ焼きなら癒やされる! と思い込んだ香苗は、酔ったまま馴染みのたこ焼き屋へと向かう。
閉店していることに悲しくなった香苗は、店の前で思わず泣き出してしまう。夜も遅いというのに、やさしい声を香苗にかけてくれたのは、たこ焼き屋の店主・三上良平だった。
店内に通された香苗は良平に癒やしを求め、キスをせがむ。唇を貪り合い、彼の欲の象徴を口に含むと最初は拒んでいた彼も本気モードに……。
「俺、こんな魅力的な女に会うたんは、はじめてや」
いままでにないほど甘く心地よいセックスに身も心も溶かされ、その翌日から良平と付き合うことになっのだが。元彼が「よりを戻そう」としつこく迫ってきて……。

☆eロマンス文庫→ 出版社のページ

【泡沫 甘濡れ婚淫譚】電子書籍のみ
「麻子が欲しい。ずっと、麻子といたい。死ぬまで」
松本麻子は増水した川で溺れかけたところを、ある“ヒト”に助けられたことがあった。人、と言いきってはいけない、“ヒト”。なぜなら、肌はぬらぬらと照り光っていて、うっすらとウロコのような模様があったから。 麻子は気づいてしまう、その“ヒト”は「透けるように白い肌に切れ長な涼やかな目」――“冴え凍る君”とあだ名され、女学生たちの憧れの的だった明智正則であると――。
蛇神さま=明智正則は人の世に混じって古本屋の店主として暮らし、麻子と恋人同士になって10年になる。穏やかな日々、彼からの愛を感じながら、なにひとつ不満のない幸福な毎日を送っていたが――。
どんなに激しく愛し合っても、正則の瞳から寂しさの陰りが消えてくれないことに、麻子の胸に不安が降り積もっていく……。

☆eロマンス文庫→ 出版社のページ

【人魚王子の淫らな指先
 蜜に濡れるシャワー室】
電子書籍のみ

 鹿島和美は週に一度、姉に代わってスイミングスクールに通う甥っ子を迎えに行くことを密かな楽しみにしていた。子どもを通わせている母親たちから“王子様”と呼ばれている人気講師・草薙翔に会えるからだ。そんな彼の左手の薬指には指輪がはめられている。翔に寄せる気持ちがいけないモノと知りながらも、プールではつい彼のことを目で追ってしまう日々。
 そんなある日、不注意からプールに落ちた和美を救いだし抱きしめる翔の腕の中で胸を高鳴らせていたが……。

☆eロマンス文庫→ 出版社のページ
もっと見る→ ・1

ProfileカクヨムメクるPixiv(BLのみ)
小説家になろうムーンライトノベルズ
ブログリンクメールTOP